生協とは

核兵器禁止条約への署名のご協力ありがとうございました。

日本政府に核兵器禁止条約の署名・批准を求める署名

「快適住まい」103号「2021年1月発行」で、日本政府に核兵器禁止条約の署名・批准を求める署名を組合員に呼びかけをしたところ、1月22日現在798名の署名。募金5千円、切手、はがきの募金も寄せられました。
同1月22日、核兵器の開発、保有、使用を禁じる国連の核兵器禁止条約が発効されました。

まだ署名は受け付けていますのでどしどしお寄せください。
日本政府に、核兵器禁止条約の署名・批准を求めていきましょう。

ご協力いただいた組合員のみなさんありがとうございました。

署名用紙はこちらからダウンロードして下さい。


「快適住まい」の103号発行

「快適住まい」の103号が完成いたしました。
組合員の皆さまには印刷したものを順次お送りいたします。

ホームページからもご覧になれます。

「快適住まい103号」 2021年1月発行(PDFファイル11MB) 

【年末年始休業】のお知らせ

平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、当生協では下記の期間を年末年始休業と
させていただきます。


12月30日(水)〜 1月5日(火)

※なお6日(水)より通常通り営業いたします。
2020年12月29日(火)は17:00までの営業となります。
2021年1月6日(水)は10:00~18:00まで営業いたしますが
11:30~13:30まで留守になります。


尚、休業期間中のお問い合わせにつきましては、
【2021年1月6日(水)】より順次対応させて頂きますので、
ご了承いただけますようお願い申し上げます。

来年も、本年同様組合員の皆様にご満足いただけるサービスの
提供を目指し、職員一同より一層努力して参ります。

今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。


10月3日、10月10日住まいの学習講座中止のお知らせ

以下の内容で予定をしておりました住まいの学習講座ですが、
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止を決定いたしました。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------

さいたま住宅生協ではみなさまに住まいづくりのことをもっと知ってい
ただきたく、住まいをテーマにした学習講座を行っております。
下記の日程にて【住まいの学習講座】を開催致します。


2020年
 ◆第20回講座
  日 時 : 10月3日(土) 午後2時から5時

  場 所 : 越谷サンシティホール 第3会議室
  第一部 : シニア世代のリフォームで大切なこと
  第二部 : 住宅生協の住まいづくり「明日家」を考える

 ◆第21回講座 さいたま市浦和区
  日 時 : 10月10日(土) 午後2時から5時

  場 所 : さいたま住宅生協会館 3F
  第一部 : 豊かな庭づくりとインドアグリーンのすすめ
  第二部 : 「夏涼しく冬寒くない家」をつくる


☆当日は<無料住宅相談>も会場で行います。
 新築・増改築・リフォームなどをお考えの方や住まいに関心ある方、
 どうぞお気軽にご参加ください。

入場無料となってますので、多くの方のお申込をお待ちしております。


詳しくはこちらの<PDF> をご覧下さい。 

「快適住まい」の102号発行

「快適住まい」の102号が完成いたしました。
組合員の皆さまには印刷したものを順次お送りいたします。

ホームページからもご覧になれます。

「快適住まい102号」 2020年9月発行(PDFファイル12MB) 

【夏期休業】のお知らせ

暑中お伺い申し上げます


誠に勝手ではございますが、当生協は下記の期間を

夏季休業】 とさせていただきます。


8月11日(火)〜 8月15日(土)

※17日(月)より通常通り営業いたします


皆様方にはご迷惑をお掛け致しますが、

何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。



第29回通常総代会 開催される

さいたま住宅生活協同組合 第29回通常総代会 開催

 6月27日(土)、さいたま共済会館において、総代定数109人中、103人(21人実出席、委任出席1人、書面議決81人)の出席で開催され、提案された全3議案全てが原案のとおり可決されました。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から開催時間の短縮、書面出席をお願いするなど、出席者の安全確保を優先した運営を行いました。

 住宅生協の2019年度の事業状況の特徴は、経済状況が低迷する中でも4年連続で増収増益を達成し、単年度で見ても対前年度比110%と大きく事業を伸ばしました。

 そうした状況を踏まえて、3名の総代から発言がありました。いずれの発言も「組合員から喜ばれる仕事を通じて組合員の「信頼」が生まれ次の仕事につながっていく」「これからも住宅生協の信頼を得るために協力業者も一層努力を重ねていく」ことなどが生き生きと報告されました。

 新年度に入り、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず事業高も対前年度比40%と厳しい経済状況の中でも、組合員の信頼に応え歩み続けられる住宅生協の確立を目指していくことなどを確認しました。



会場風景


全ての議案が可決されました。